• ホーム
  • ニコレットガムの使用方法について

ニコレットガムの使用方法について

2020年01月11日
タバコを持っている様子

ニコレットガムは、ニコチンを配合したガムで、薬局や薬店、ドラッグストアで販売されている指定第2類医薬品です。
禁煙をサポートするということを目的としており、ニコチン置換療法という治療法に該当します。
これは、喫煙以外の方法によりニコチンを補給し、少しずつ量を減らして徐々に慣らしていくという内容で、ただ我慢するだけの禁煙と比較すると合理的な分だけ成功率は高くなっています。

ニコレットガムは、このためにニコチンを補給するということが第一の目的であり、通常のガムとは使用方法は異なっています。
単にくちゃくちゃと噛むのではなく、数回噛んだ後は歯茎に付着させます。
これにより、口腔内からニコチンを補給するので、禁断症状に見舞われることなく、タバコから離れることが出来ます。
また、肺から補給するよりも脳内に達するまでに時間がかかるために、後でガムをやめる時の苦痛が少なくなります。

ニコレットガムを使用することでタバコを吸わなくても大丈夫になれば、タールや一酸化炭素といった有害物質による悪影響を受けることはなくなります。
また、タバコを口にくわえることによる習慣依存も解消されるので、後はニコチンの中毒症状のみ乗り越えれば良いだけとなります。

一日当たりのニコレットガムの個数を少しずつ減らしていくという使用法で、3カ月を目処に完全にゼロにすることを目的としています。
禁断症状が激しい初期の段階は無理せず消費するのが適当な方法で、身体が慣れていくことにより数を減らしていくという進め方となります。
なお、ニコレットガムを普通のガムの様に噛んでいるとニコチンが唾液と共に胃の中に入ります。
このために、気分が悪くなることもあるので、正しい使用を心がけなくてはなりません。